スポンサードリンク<広告スペース:山川靖樹の社労士予備校 詳しくはコチラをクリック!

社労士予備校

厚生年金保険法 /社労士 解答速報会情報 合格基準比較

社労士試験の各科目について説明をしているページです。このページでは、厚生年金保険法について記載しています。

厚生年金保険法 基礎知識

労働者が加入する年金制度の1つが、この「厚生年金保険」です。厚生年金保険は、「健康保険」と合わせて「社会保険」と呼ばれます。 社会的に法律で認められた医療保険が「健康保険」、年金保険が「厚生年金保険」です。社会保険である健康保険と厚生年金保険は、基本的に 2つとも同時に加入します。 ここでも同じですが、健康保険も厚生年金保険も、「正社員」「アルバイト」といった基準で加入するかしないか、ではないです。 基本的には、雇用契約の期間や、1週間の労働時間の長さを基準にして、加入するべきかそうでないのか、を判断されます。 他に年金制度で、有名な制度は、それは「国民年金」です。 よく誤解されがちですが、厚生年金に加入している人は、国民年金にも加入していることになります。 両方の科目を交互に関連付けて学習するとわかりやすいでしょう。

厚生年金保険法 試験傾向

厚生年金保険法では、高得点はなかなか期待しにくいです。6点得点できれば上出来と考えていいでしょう。 例えば2008年出題ですが、広範囲に出してきて、一度は学習したことのある規定なのに、選択肢ひとつひとつの適切な処理能力がなく、自信ないまま解いていく。 答え合わせをすれば、理解できるものばかり。特徴は、特に出題内容が難しいということではないですが、制度が複雑で理解し切れておらず、本番で判断しきれないことが多いようです。 対策のひとつとしては、国民年金法を仕上げること。相乗り(共通)規定や関連規定、類似規定が多く、特に、類似規定はその相違点を混同しないためにも国民年金法との区分けをしっかりしてください。 例えば、年金の支給要件、「国年はこの規定、厚年はこう」というようにしっかり区別できるようにすることです。 それから問題のターゲットになる区分け。国年法と似ています。「被保険者」、「届出等」、「通則」、「老齢厚生年金(60歳台含む)」、「障害厚生年金」「遺族厚生年金」、「保険料」、「基金」。 ここでも改正があったポイントは押さえておくことが必須でしょう。 法附則を根拠とする経過措置や移行措置は、その制度の理由づけを理解しておいてください。 この科目に関しては、信頼できる問題集で解説をしっかり押さえたり、スクールの先生に頼る形を取ることが賢明でしょう。